しじみのよろず屋情報局

初心者社会人数人がブログを更新するブログとなっております。一応下の画像の全員がメンバーです。全員がバラバラに更新していくカオスなブログとなっています。ゲーム情報だったり、音楽だったり、アニメ、漫画、2ch、エロなどなど様々な事を書いていきますのでよろしくお願いします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【気軽に読める?】GWにオススメしたい10巻以下の10の漫画 (前半)

シエテ
シエテです。
GWに漫画を読みたい。休みで長編漫画を読破される方もいるかと思います。
でも長編漫画はなかなか手が出しにくいなぁ…という方に。
紹介(得意じゃないからひどいです…よし予防線を張りハードルを下げる)しますが自分も持ってるものから、話題性だけで持ってもない物を紹介するのはあまり好きではないので。
抽象的な紹介かもしれませんが、この漫画は自分が本当に面白かったものだけを選びました。
そこそこ自信ありますよ。←下げたハードルを上げる(笑)
最後に読み直して…ネタバレ避けようとした結果何も伝わっていないような…。


ワールドエンブリオ 1 (ヤングキングコミックス)ワールドエンブリオ 1 (ヤングキングコミックス)
(2006/03/27)
森山 大輔

商品詳細を見る


やっぱりこの作品は外せない。
そうワールドエンブリオです。
あらすじ
開く

これは面白い
自分が読んだ漫画でも本当に上位の作品。
巻を重ねるごとに、話が面白くなっていく。
この作者は前作(クロノクルセイド)もそうですが、作りこまれた世界観…その中で動く物語が素晴らしいです。
一巻では、少年漫画のようなバトルものかと思いましたが違いますね。
たしかにバトルもありますが、伏線や主人公の「嘘」と心理描写、時々重い話もあってここまで続きが気になる漫画は久々でした。
絵もなかなか綺麗でヒロインも黒髪で個人的によかった。しかし、周りの友達はネーネ派?
確かに9巻の最後では」、ネーネと口に出るかもしれない?
ワールドエンブリオは、5月30日に10巻と11巻が同時発売なので10巻以下と言うには怪しいところですかね(笑)
この10、11巻にはドラマCDの付く特装版もあり注目ですね。



四月は君の嘘(1) (月刊マガジンコミックス)四月は君の嘘(1) (月刊マガジンコミックス)
(2011/09/16)
新川 直司

商品詳細を見る

2作品目は四月は君の嘘。
あらすじ
開く

鳥肌が凄い。
ザワザワと背筋に来ますね(いい意味で)
自分は、音楽は分からないのですがこの臨場感…読んでいるだけなのに凄いですね。
間というか空間というか、その見せ方がうまい。
あぁ、こんな青春がしたかった!

過去に書いた5巻の感想


電波教師 1 (少年サンデーコミックス)電波教師 1 (少年サンデーコミックス)
(2012/03/16)
東 毅

商品詳細を見る

Y[やりたいことしか]D[できない]鑑が教師をやるという電波系教師ストーリー。
教師としては駄目ですね(笑)
授業にゲームを取り入れたり、生徒に漫画を描かせたりと…。
まぁ、やりたい放題ですね。
各巻は、基本的に一人に焦点を当てたものを2、3人。
こんな先生がいたら面白いですね。
130420_1900~03de

あぁ、こんな青春がしたかった!?



ドリフターズ 1 (ヤングキングコミックス)ドリフターズ 1 (ヤングキングコミックス)
(2010/07/07)
平野 耕太

商品詳細を見る

最近買ったのですが、これが面白い。
「ドリフターズ(漂流物、放浪者)」彼らは、突如この世界に流れ着き、何故この世界にやってきたかも分からないまま、人間族の国であるオルテ帝国の支配下で農奴としてあえぐエルフの村を蜂起させ国奪りを始める。
歴史上の人物がたくさん出ますよ。
主人公の島津豊久、織田信長、那須与一、ハンニバル、安倍 晴明…敵の「廃棄物(エンズ)」には土方歳三、ジャンヌ・ダルク、アナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノヴァ、ジルドレなど。
この人物が、エルフやオークのいる異世界で戦います。
少しSFじみてる部分も。
魔法?や陰陽術、個々の身体能力、合戦の勢いなど…信長の作戦も面白いです。
分かるともっと楽しいかも。
ドリフターズは歴史上で行方不明?エンズは処刑された人?ですかね。
戦闘シーンもカッコイイです。
dorihu.jpg
この躍動感。
戦闘シーンはもちろん、セリフもカッコイイ。
ハンニバル「ちょっとローマ滅ぼしてくる」
この台詞がなんだか好きです(笑)


信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2009/11/12)
石井 あゆみ

商品詳細を見る

こっちは信長にスポットライトを当てた作品。
勉強が苦手な高校生のサブローが、戦国時代にタイムスリップしてそこで信長として生きることに。
うっわ、大変だ。
しかし、サブローはなんだかんだで生き抜きます。
これも歴史が分かれば面白いですね。
実際の史実をもとにしてストーリーが展開していき、その中に現代からのタイムスリップ者が絡むのですが人と人の繋がりがしかっりしています。
この作品も読んでいて「おぉ!」ってなりました。
奇想天外、マイペースなサブローが戦国の世を生きていく。
これからも期待しています。



と、いったんここまで。
長くなったので分けますね。
一応紹介したものの何も伝わらない?
次は、もう少し詳細に書いた方がいいのかな…。

まぁ、あれですよ。
百聞は一見にしかず
読める機会があったらどこかで一回読んでみてください。
一冊くらいは、皆さんが面白いと思うのがあったら嬉しいです。

【気軽に読める?】GWにオススメしたい10巻以下の10の漫画 (後半)へ
関連記事
スポンサーサイト

| 漫画 | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://dkkaosu.blog.fc2.com/tb.php/154-9ac116ab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。